工作室


材料はガムテープだけの、かわいくて簡単で丈夫なかばんをつくっています。
by craftroom

ガラスのお鍋でお米を炊く。

次回から、ガムテープの名刺入れの作り方をUPしていきます。

そのまえにちょっと脱線させてください。

わたしは、白米が大好きです。
最近、お米をたく炊飯器がすごいことになっているといううわさは聞いていました。

純銅や土鍋の釜で炊いてくれるものとか、真空で保温してくれるものとか。
中には8万円もする高いものまであるそうです。
でも、高いですよねー。ほしいけど・・・。
なんて話をしていたら。
「鍋で炊いたらいいんじゃない?」と、前回ガムテープ教室にも参加してくれた
なべちゃん(仮名)が教えてくれました。彼女はパン派なのですが、土鍋で米を炊きだしてから
お米のおいしさにはまったそうです。

ルクルーゼのお鍋とかで炊いたらおいしいって言う話もあちこちで聞いたり読んだり。
でも、ルクルーゼも、高い! 二万円近くします。
しかも、火加減を失敗したらどうしようとか考えていたところ、
「あ、家に使ってないガラスの鍋がある。調理中も鍋の中が見えるしあれで炊いてみよう」と
ひらめいて、物いれにしまいっぱなしにしていたイワキガラス製の「ビジョン」という
耐熱ガラスの鍋とフライパンを引っ張り出してみました。

f0198682_64413.jpg

左が、1・5リットルのお鍋。右がフライパンです。ふたは、フライパンにも合います。
汚いキッチンでごめんなさい。
奥に灰皿がありますが、夫が海外出張中はこれを決して捨てないというのが我が家のジンクスなもので・・・、お目汚しでごめんなさい。

結論から言うと、これがすごく便利、しかも、お米がおいしくたける!
一合なら(ごはん二膳分)、ガラスのフライパンで炊けちゃいます。
しかも、調理時間、約十分。ガラスなので、加熱の様子が見えるから、失敗は一度もしていません。
最近は朝晩毎日フライパン炊飯しています。

では、実際に炊いてみます。
お米とをといで、水加減をします。
f0198682_672433.jpg


次に、フライパンにざっとあけて、フタをします。
f0198682_681021.jpg


加熱スタート。なべちゃん(仮名)いわく、炭水化物は六十度の加熱が長いとおいしくなる、ということなので、とろ火で。
「はじめちょろちょろ・・・」という火加減はしません。最後までとろ火一本やりです。
f0198682_69586.jpg


熱がまわってきました。
f0198682_695177.jpg


絶賛沸騰中。
f0198682_693460.jpg


ガラスのふたを覗き込んでみます。ぶくぶくの泡ができていますね。この泡が完全に消えるころ、水分がちょうどなくなるころです。このあたりで火をとめて、5分ぐらい蒸らします。
すると、水が足りなくてしんが残ってたりするお米にもふっくらお水がいきわたります。
f0198682_6101947.jpg


どうですか。ぴかぴかでしょう。
f0198682_6113959.jpg


おまけ。
お鍋は、野菜スープを仕込んでストーブにかけてあります。
猫のモン太さん(2歳)がお鍋の番をして・・・ないですね、寝そうな感じだ。
f0198682_6125952.jpg


こちらもコツいらず。材料を切って鍋に入れ、水を注ぎ、火にかけるだけ。
味付けは、香草入りのお塩だけです。野菜と肉で十分だしが出るのでとてもおいしいですよ。
翌日、お味噌をときたくなったり、牛乳スープにしたくなったときは
別な小鍋に具とスープを移して味をつけます。

一時間程度で、お肉がほろほろ崩れる野菜スープになりました。
具は、セロリ、たまねぎ、大根、大豆の缶詰、鶏肉です。
f0198682_6134386.jpg


ごちそうさまでした。おいしかったー。

ビジョンのお鍋は、ヤフオクなどで、1000円程度で売っています。
新品でも、1・5リットルのお鍋ならば五千円前後で手ごろです。
火の回りが優しくて、保温力が強く、なんと言っても調理の様子がわかるのが魅力です。
そしてかわいいですよね。
個人的には、ガラスの鍋も流行るポテンシャルがあるような気がします。


ビジョン 両手鍋 1.5L
[PR]
by craftroom | 2008-12-23 06:16 | visionでお料理
<< ガムテープで名刺入れ◆その1・... ガムテ教室ニュウス/12月 >>


検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧